相手の要求をのんであげるほうが、せふれには好かれます

最近では出会い系サイトというものができたおかげで、セフレの募集は昔よりも比較的やりやすくなったように思います。というか、そもそもセフレという言葉が出てきたきっかけというのも、出会い系サイトや出会いアプリなどを利用してそういう特殊な男女関係(今の若い子たちにとってみれば、セフレという男女関係は別に特殊なものではないのかもしれませんが、私の感覚で言えばかなり特殊なものです)を望む男女が増えたからだと私は思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

私も、セフレという存在を意識して出会いを求めてみたことはあります。出会い系サイトというものがどういう使い方をされるべきものなのかということについては、私にはちょっとわからない部分もあります。基本的に、出会い系サイトを利用しているすべての人が、自分にとって望ましい出会いを実現するためのチャンスがあるのが出会い系サイトの良いところだというイメージがあります。

出会い系サイトを利用している目的は人それぞれで違っているのが当たり前で、例えば真剣に婚活がしたい人は、恋人探しのために出会い系サイトを利用するのがいいし、あるいは、まだまだ結婚とかは考えられないけど、でも性的な欲求不満というのは一人だけではどうしようもない時もあるから、セックスのためのパートナーもやっぱりほしいと考える人がいると思うんですよ。

基本的に、どういう目的にも利用できるのが出会い系サイトの良いところだといいたいわけですが、残念ながら、男女の出会いや関係の問題というのはそれほど簡単な話ではないだろうというのが私の考えです。出会い系サイトというものをしばらく利用してみてつくづく思ったのは、これは正直なところ、出会いは出会いでも、恋人探しのために利用できるサイトではないなということでした。これだけサイトの利用者がたくさんいれば、確かにセフレのような関係だったら割と簡単に募集できるかもしれません。

実際に、メル友を何人か見つけて、そこから徐々に関係を深めていくというのは、出会い系サイトというものを利用している限り、割と簡単です。でもそれは恋人同士になれるようなコミュニケーションの取り方ではなくて、やっぱりセフレが前提ということになるのかなという感じです(関連サイト【セフレサイト】)。

相手がセフレだからといって、軽く扱うのはダメです。むしろ、恋人と同じような感覚で接してあげるほうが、女性には好かれます。男性の立場から見ても、せふれだからといって明らかにぞんざいな接し方をされると、日やっぱり相手に対して反感を持つでしょう。そう考えたら、やっぱり女性を大切にする基本として、相手がどんな風なコミュニケーションの取り方を望んでいるのかを理解して、相手が求めているものを挙げられるようになるというのが、男女の関係をより良いものにするために必要なことだと思いますね。