楽しくてしかたがない、援助交際

援助交際はしてはいけないもの、そんなことはわかっています。私は、中2から引きこもりになって現在21歳です。何とか親の助けもあって、ある工場に就職させてもらって今は流れ作業をしています。人と接するのが嫌で引きこもりになったわけではありません。きっかけは彼氏に裏切られたことでした。すごく好きで大好きで、彼とずっと一緒にいたいと言う気持ちがありましたし、彼もそう思ってくれていると感じていたのです。

しかし彼は、先輩からの告白で、あっさり私をふりました。それから二人の姿をみるのがとても嫌で、引きこもってしまったのです。仕事を始めてから、親のありがたさに心から気づきましたし今働いてお金を稼ぐことにもある程度の充実感はあります。でも、恋愛はあのころからまったくしていないのです。しかし私は処女ではありません。なぜなら援助交際をここ2年くらいしているからです。

最初の相手も神待ち掲示板で知り合った既婚者でした。彼は年も上だったので、すごく優しくゆっくりと私を抱いてくれました。そのあと、彼が私にお金を手渡したのです。セックスしたらお小遣いがもらえる、援助交際ってそういうものですが最初はとても嫌な気持ちがしました。もしかして私の価値ってこの金額なんだと、思ったのです。

でも、そうやってセックスするだけでお金がもらえることってすごく簡単でどちらも損をしていないのです。相手はセックスを楽しんで、私はその対価をもらって喜ぶ。こうした関係を二十歳のころからやっています。自分でいうのもなんですが、まだ若いですし普通よりは顔も可愛いと自分で思います。

出会い系で援助を申し込めば、9割の確率で援助してくれます。相手の男性は年上がほとんどですが、たまに同世代や年下の子もいました不思議なもので、セックスって回数を重ねていくとそれほどの罪悪感もなくなってくるものです。援助してもらっているもので、たいがい生活は賄えますし仕事で得る給料はほとんど手をつけていません。

まあ、実家暮らしということもありますが両親が年老いてから私がためているお金が必要になるかもしれませんので、そのためにためいると言っても嘘ではないのです。援助をしていると、自分が別人になれてとても楽しいですしセックスもいろいろな相手とするので、その内容も違って新し発見などもありますし楽しくてたまりません。私には援助交際は無くてはならないものになってますし、これからも続けていきたいです。