Monthly Archives: 11月 2015

結婚って、絶対にしなければいけないことでしょうか?

出会い系サイトを利用して結婚相手を探している人が大勢いるということを知った時、私は正直驚いたんですよ。実際にそういう人たちが聞いたら起こるかもしれませんが、私個人の考え方としては、出会い系サイトを利用してマジで恋人探しをするとか結婚相手を探すとかいうのは、時間の無駄になる可能性が非常に高いと思います。

私は現在、25歳の女です。一昔前であったら、クリスマスケーキとか言った、女性にとっては非常に気分の悪い言葉がありましたが、その言葉の通りだとすると、私は結婚ができるかどうかのギリギリの年齢だということになります。
一昔前といえば今と違って、結婚をするということが女にとって幸せの絶対条件であるかのようなことが信じられていた時代です。
しかし今では、多くの人々が自分なりの幸せを求めるようになって、素敵な男性を見つけて結婚するということが、必ずしもその人にとって幸せの条件であるとは言い切れなくなりました。

女は家庭にいればいいという考え方もだんだんなくなってきて、下手をすると男性よりもよっぽど仕事ができる女性だっているのでしょう。
男性は仕事ができて女性にはどうせ仕事ができないだろうという考え方自体、非常に差別的で間違ったものなのです。
実際私も、自分の仕事が好きで、あまりやめたいとかそういうことは考えません。
実は、自分の仕事が好きで、自分の人生に満足できているという人は意外に少ないらしくて、私は自分の仕事が好きだという話をすると、あなたはうらやましいみたいなことをよく言われます。

私は自分の仕事が好きなので、しばらくは結婚したいとかそんなふうには思いません。
仮に素敵な人を見つけて結婚させていただくチャンスがあったとしても、できれば結婚後もずっと仕事を続けたいんです。
でも、結婚後も仕事を続けていいかと聞いてみた時に、本当に心から「いいよ」といってくれる男性は意外と少ないのだそうです。
なぜ、自分の妻が「結婚後もずっと仕事を続けていきたいといったら嫌そうな顔をする男性が多いのか、露骨な言い方ではなくても、仕事をやめてもいいよとか、できれば仕事をやめて家事に専念してほしいという男性が多いのか、それにはいろいろな理由があると思いますが、私が実際に知人から聞いた話では、男性はどうやら、家事に専念して、例えば食事のこととかでいつだって自分のことをサポートしてほしい、というふうに妻に頼りたいという動機以外に、結婚後もずっと仕事を続けるんだったら、ひょっとしたら職場で簡単に浮気をしてしまうのではないかという不安があるみたいなんです。

女性はみんな浮気性だと思われているということでしょうか?
こういう話を聞くとどうしても、男性はなんて身勝手なんだとか、女性のことをいったい何だと思ってるんだろうとか、そういう不満を強く感じてしまうわけですが、けれども実際のところ、そういうふうに結婚後も職場で浮気をしてしまう女性はいるようです。
恋愛の事情とかそういうのはやっぱり人それぞれなんだなあと思ってしまいます。

私は自分の仕事が好きなので、今すぐにどうしても誰か素敵な人を見つけて結婚したいというふうには思いません。
まったく婚活とかそういうことを考えていないんです。
例えば自分の親がいなかったら、身内がいないことを寂しく感じて、一刻も早く結婚をしたいと考えるようになるという話を聞いたことがあります。
それと同じように、もし一人っ子の環境で育った人は、一人の時間がよほど好きであるという場合を除けば、たくさんの家族に囲まれて育つ環境にあこがれていることも多いようなので、そういう人は人一倍結婚願望が強くなるのでしょう。
どれもただの噂といえばその通りなのですが、まあ確かに考えてみればなんとなくわかる話だなあとは思います。

私の場合は親も両方とも元気で、関係もそれほど悪くないので、実家から職場に通っているくらいです。
実際にはどう思っているのかわからないのですが、今まで面と向かって「早く結婚してほしい」とか「孫の顔が見たい」というようなことを言われたことは一度もありません。
実際、そんなことを私に行ったところで無駄だろうということはわかっているのかもしれませんね。
ただ、一つ心配なことがあるとすれば、このままずっと結婚をせずに生きて、いざ両親が介護の必要な年齢になったらどうすべきだろうかということです。
やっぱりそういうタイミングだったら、男手がほしくなるのかもしれません。
でも今では老人ホームとかも結構便利みたいですし、親だって、私が結婚しなかったら……なんというでしょうか、私に変な気を遣わせたくないということで老人ホームに入りたがるのかもしれないし、あるいは、やっぱり娘の私に介護してほしいと言い出すのかもしれません。
私には割と年の近い兄がいますが、その兄にしたって結婚していますから、本当に盆と正月くらいにしか家に帰ってきません。
私が結婚をしていないということを気にしてくれているのか、あまり結婚とかそういう話題も私に対しては振ってこないですし。
別に私としては、そんなこと気にしてくれなくてもいいと思っているのですが、まあ確かに、あまりのロケ話ばかり聞かされると、自分は本当に結婚しなくていいのかというふうに悩むかもしれませんね。

もちろん、結婚するとかしないとかいう問題は、必ずしも自分の気持ちだけで決められるものではないのです。
出会い系サイトを利用するなりなんなりして、相手を求めなければいけません。
私だって、一応出会い系サイトを利用しているんです。
でもそれは家族に入っていません、当たり前のことかもしれませんね。
仮に自分が出会い系サイトを利用していたとしても、そのことを知り合いや家族に話す人というのは割と少ないような気がします。
出会い系サイトというものについてどう考えるのかということが人によって大きく違いますからね。
出会い系サイトというものについて、すごく便利なサイトだというふうに感じている人もいれば、あんなサイトは全く信用できないから使わないほうがいいという人までいるんです。出会いをどうやって求めるかということについては完全に個人の自由なので、出会い系サイトをよいものと考えるか悪いものと考えるか、それは完全に個人の自由だと思います。

私も正直なところ、結婚相手を探すためにhttp://xn--pckam0pi4dyab3jx976ar1j2w8n.com/を利用するのはどうかと思うんです。
私の友人にも、真剣な出会い(結婚を前提に考えられるような男性との出会い)を求めてサイトを利用している人がいますが、正直なところ、私はあまりそういう考え方が良いとは思えません。
もちろん、出会い系サイトを利用する目的が違っているのは当たり前で、どういうふうに利用してもかまわないのですが、やっぱり出会い系サイトで婚活しようとしても、なかなかいい相手は見つけられないだろうと思うのです。

私はそもそも何のために出会い系サイトを利用しているのかといえば、もちろんそれは友達作りのためです。
女の立場ですから、優良な出会い系サイトもただで利用できるので非常に気楽です。
何人かのメル友もいますし、そのうちの何人かとは体の関係も持っているので、ひょっとしたらセフレとしての関係だということが言えるかもしれません。
けれども、セフレの関係だからといって私は別にそんないやらしい関係を持ちたいと望んでいるわけではないんですね。
ちゃんと自分が好きになった相手としかセックスしていません。
そんな誰とでもセックスしまくっているわけではないです。
場合によってはその相手とひたすらセックスしまくるときもありますが、それはどうしても欲求不満を我慢できないとか、そういう時だけなんです。

じゃあそれは恋人同士の関係ではないのかと思う人がいるかもしれません。
確かに私としても、彼との関係がセフレとしての関係であるというよりは、ちゃんとした恋人同士の関係として考えたいんです。
けれども、その彼と結婚を前提としたようなお付き合いをしているのかというと、別にそんなことは無いのです。
なぜなら、私たちは二人とも、結婚を望んでいないからです。
今後二人の考え方が変わって結婚したくなるかもしれませんが(彼のことが好きなのは間違いないので)なんだか結婚すると、お互いに自由な時間が無くなっちゃいそうで嫌だよねというのが、二人の間で共通している価値観なんです。

結婚って、別に絶対しなければいけないものでもないじゃないですか?
私は今、素敵な彼氏がいて、性的な欲求不満とかもないので、できればこのままの生活を続けていきたいなと思っているのですが。

どうしてもセフレが欲しい!

セフレが欲しいです!それも人妻のセフレがどうしても欲しいのです。
僕は女性に対してあまり積極的ではありませんが、どういうわけか性欲だけは多くあります。
自分で何度も抜くのですが、それも後には虚しさだけしか残りません。
かといって彼女をつくる勇気も手段もないですし、出会い系の類でもなんとなく軽くあしらわれているような…そんな感じを受けています。
いろいろ考えたのですが、僕のような人間には人妻が合うのではないかと思うのです。
人妻は優しいですし、心も広いです。
それにセックスのテクニックもありますよね。
あれから出会い系サイトの掲示板に、人妻のセフレ希望と書き込みをしたのです。
数人から返事はきましたし、実際何人かの女性と会いました。
でも僕が思い描いているような人妻ではなかったのです。
贅沢な奴だと思われても、タイプでない人とはセックスできないですよ。
そんなこんなで、やり取りをしている人がいるのですがどうしても会ってくれないのです。
確かに時間がなかなか合わないのも承知していますし、人妻は家庭が第一と言うことも分かっています。
それでもその中の余った時間を僕にくれないかと、結構僕なりに頑張ってせめていきました。
どのくらいの日数が経ったのでしょうか。
やっと会ってくれた人妻は、素敵な女性で包容力がある人でした。
意外にも彼女を見た瞬間に、僕はこれまで自分のなかでもっているあらゆるテクニックを彼女に見せ付けました。
本当は僕が優しくして欲しかったのですが、そんな気持ちはどこかへとでしまったのです。
僕の腕の中で気持ちよさそうな声を出す彼女がいれば満足ですし、優しく包み込まれたいなんて思っていた軟弱な僕ではなくなっていました。
不思議と彼女を喜ばせてあげたい、もっと僕を感じて欲しいと思いながらセックスしていました。
彼女はセフレ関係を盛ってくれると言ってくれましたし、自分の気持ちの変化にも驚いていますがなんとなく僕は彼女によって買われるのではないかと思っています。

確実に出会うなら読んでおきたい厳選記事:http://xn--b9j9b7c5d8l1ds97yjsxg.com/tomodatibosyu/